中高年の体臭ケアは耳うらのノネナール対策だけでは不十分について
●画象●

中高年になると体臭、加齢臭の悩みが付きまとうようになります。ただ、自分の臭いはなかなか気が付きにくいもので、家族の妻や子供、職場の仲間などの反応から知ることも多いでしょう。こうした体臭の元は汗というより、加齢に伴って増える臭いの元凶であるノネナールという物質にあります。この体臭の元を防ぐ、取り除くには、デオドラント剤などからだの外から用いるもの、体の内部から働きかけるサプリメントなどあります。柿渋やカテキンで有名な茶などが抗ノネナールの効果があるのでケア商品には多く利用されています。ノネナールは耳裏から分泌されるのですが、その他全身から出ているので、やはり全身をしっかりと洗い流すのが中高年の体臭ケア、自臭対策には最適です。